目の下のクマの取り方や目元のくまを治す方法には原因がある 目の下のクマの取り方!目元のくまを治す方法公開!

目の下のクマの取り方や目元のくまを治す方法には原因がある

 

目の下のクマの取り方や目元のくまを治す方法には原因がある

 

そもそも目の周りに皮膚はもろい所です。

 

目元の周りの皮膚は毛細血管がおおく有り、そこから栄養や酸素を補給しています。
また、皮膚自体が非常に薄く乾燥や傷つきやすい為、トラブルにもなりやすい部分です。
ですから目の下のクマで悩まれている人は、非常に多くいて、その原因もさまざま有り、人によって違いもあります。

 

そこでここで説明するクマの種類によってその原因がわかるように、説明をしますのであなたはどのクマに所属するか確認してみて下さい。
そしてその種類によって原因を見つけ根本対策を行ってみていはいかがでしょうか?

 

※代表的なクマの種類で、簡易的な方法を紹介していますが、より正しく確認する場合は病院をおすすめします。

 

 

茶クマ

 

茶クマとはその名の通り目の下のクマの色が茶色く見える事を言います。
茶クマを引き起こす元は色素沈着です。

 

色素沈着を起こす原因は次の通り。

 

  • 紫外線のダメージ

    シミの元にもなるメラニンが生成され、それが色素沈着となり変色したように見える。また小さなシミの集合体も。

  •  

  • 目元の肌の乱れ

    擦り過ぎや、乾燥、かぶれ(合わない化粧品・マスカラ・洗顔による摩擦・ターンオーバーの乱れなど)皮膚が傷つくことにより色素沈着が起こりやすくなる

など

 

 

青クマ

 

青クマの正体は毛細血管で、血流が滞り皮膚を通して青く見える現象の事を言います。
また、目の下を引っ張ると赤い毛細血管が見えると思いますが、目元には多くの欠陥が張り巡っているのがわかります。
日本人や肌の白い人に多く、年齢関係なく10代の頃からも見られ、最も多いクマの一種です。

 

血流不良の原因は次の通り。

 

  • 冷え性
  • 生活習慣の乱れ(睡眠不足、パソコン等の電子機器)
  • ホルモンバランスの乱れ(疲労、ストレス)
  • ドライアイ
  • 皮膚が薄い

など

 

 

黒クマ

 

黒クマは皮膚のたるみへこみなどが原因で出来る影のようなものです。
その原因は目元の筋肉の衰えや脂肪の萎縮、眼窩脂肪が膨れる(目袋)が出来その下の影なので、チェックするには光を当てて影がなくなれば黒クマです。

 

皮膚のたるみへこみなどの原因は次の通り

 

  • 加齢
  • 元々、目元の脂肪が少ない

など

 

 

このように、茶クマ、青クマ、黒クマと紹介をしましたがあたなたはどのクマだと思いましたか?
そして原因はみつかりましたか?
自分のくまの種類を発見し、治す近道ができればと思います。

 


【注目記事】
目元対策注目No1.アイキララについて
私、管理人が注目をしているアイキララ。
根本から考え方を変え、考えさせられました。目元の皮膚痩せにスポットを当てたアイキララの魅力を紹介しています。


トップページ クマの原因と種類 青クマの対策 茶クマの対策 黒クマの対策