目の下のクマの取り方!目元のくまを治す方法はヒルドイドローションか?

目の下のクマの取り方!目元のくまを治す方法はヒルドイドローションか?

 

目の下のクマの取り方

性別:女性
年齢:29
職業:営業職
私の工夫は・・・

 

 

育児や仕事、家事に追われ気付けば顔がゾンビ化

 

つい先日3人目を出産いたしました。日々バタバタと過ごす中スキンケアや身なりなどは後回し、まだまだ手のかかる3人育児に疲労困憊で過ごしておりました。そんなある日上の子の保育園のイベントがあり屋外で一緒に撮った写真が園で販売のため飾られていました。
それを見た瞬間絶句してしまいました。上からはサンサンと太陽が照りつけ、それと反比例するかのごとく私の目の下は黒い三角をしていました。まさにその言葉がふさわしいように私の顔は『ゾンビ化』していたのです。
しばらくショックを受け続けていました。今まで全然気にしていなかったので、まさかこんなにも自分がクマが濃いとは思いませんでした。その後メイクをするたび気になって見ていましたが、近くで見るより遠目で見たほうが、その陰影は濃く、つまりは人から見られる方が『ゾンビ化』は深刻であることが判明。このままではいけないと、なんとか方法を模索する日々が始まりました。

 

 

コスパ最高!魔法のクリーム

 

コスパ最高!魔法のクリーム

色々模索している中知人から有力な情報をゲットしました。
なんとお医者さんまでもが推奨する魔法のクリームがあるということでした。
しかも、その魔法のクリームは病院で処方されていて保険適用が効くと言う噂。
早速その真相を探りに近くの皮膚科へ行ってきました。
元々肌のタイプは混合肌で、そこまで気にしてはなかったのですが、3人目を出産後3人とも母乳育児で育っていたので肌のタイプがカサカサの乾燥肌に変化していました。
くわえて充分なスキンケアもしないままだったので、肌レベルは最悪な状態に。
自分が皮膚科に通うのは小学校の時の火傷以来だったので、少し抵抗はありましたが、このクマをなくせる打開策があるのなら!と強い意気込みで来院しました。
すぐに診察室に通され、症状を伝えました。
軽く顔を見られ、目の下側をあっかんべーのように見られすぐに、先生が「典型的な青クマで血行不良状態になってます」と。
聞けばクマにもいろいろな種類があり、私は青クマに分類されました。
寝不足や長時間のスマホや、貧血など現代社会の人たちには多い症状ということでした。
先生は慣れた手つきでパソコンを打ちながら、「乾燥と合わせてお風呂上がりなどにコレを使って見てください」とピンクのキャップの薬を見せて言いました。
そうです、これが魔法のクリーム『ヒルドイドローション』との出会いでした。
さっそく、入浴後ぬりぬり、化粧前もぬりぬり、余ったクリームも全身に。
匂いもなく、スーッと伸びが良く、何と言っても潤いが持続。
これでコスパが保険適用で数百円。

使い続けること一週間。
目の下のクマはもちろん肌がワントーン明るくなってきたように思い見ます。
そしてキメも細かくなったのでしょうか。

 

 

その違いにママ友たちの間でも話題に!

 

いちはやくその使用感を伝えたくてママ友たちにヒルドイドローションの事を話したら、みなさんすぐさま皮膚科にいって処方してもらっていました。
コスパもよく、その辺の市販薬より効果がありました。
もうゾンビ化とはおさらばし、明るくきれいなママを目指せそうです。

 


【注目記事】
目元対策注目No1.アイキララについて
私、管理人が注目をしているアイキララ。
根本から考え方を変え、考えさせられました。目元の皮膚痩せにスポットを当てたアイキララの魅力を紹介しています。


トップページ クマの原因と種類 青クマの対策 茶クマの対策 黒クマの対策