目の下のクマの取り方!目元のくまを治す方法早寝早起きで解消

目の下のクマの取り方!目元のくまを治す方法早寝早起きで解消

 

目の下のクマの取り方

性別:女性
年齢:49歳
職業:フリーライター
私の工夫は・・・

 

毎晩の夜更かしが原因で

 

数年前に、毎日午前2時に寝て、午前10時に起きるという生活を約1年送っていました。
最初は少し目の下にくまができる程度だったのですが、徐々に症状がひどくなっていきました。
目の下のくまだけではなく、目の下のたるみもかなり多くなり、自分でを違和感がありました。
寝る時間は遅いですが、毎日8時間の睡眠を摂っていたので、最初は睡眠が原因だとはわかりませんでした。
それ以前も、睡眠不足や夏バテなどで目の下にくまができることが何度かありました。
しかし、睡眠を多く摂ればすぐに解消しました。
この時は寝てもくまが取れなかったので、しばらく原因がわからないままでいました。

 

 

マッサージだけでは解消せず

 

マッサージだけでは解消せず

目の下のくまやたるみは血行不良だということを聞いたことがあったので、まずはマッサージを念入りに行うようになりました。
比較的症状の少なかった右側はそれで少し改善しました。
しかし、左側はあまり変化が見られませんでした。
そうこうしているうちに、諸事情で早起きをしなければいけなくなりました。
睡眠不足にならないように、徐々に早寝早起きに移行していきました。
半年くらい経った頃、目の下の違和感がなくなっていきました。
いつのまにか目の下のくまとたるみが改善したように見えました。
原因の推測でわかり、寝る時間が遅すぎるというのが目の下の状態を悪化させていることに気が付きました。
それ以降は、ゴールデンタイムと言われる午後10時から午前2時の間はしっかりと眠るようにしました。
今でもそれを続けていますが、目の下のクマやたるみがなくなり、家族にも指摘されることはなくなりました。
睡眠は睡眠の長さだけではなく、何時に寝るかも重要だということに気付かされました。
年齢を重ねて、夜更かしは肌にかなりの悪影響を及ぼすようになったのかもしれません。

 

 

外出が嫌でなくなりました

 

目の下のくまがあると、見た目の印象が悪くなってしまいます。
そのため、どうしても外出して誰かに会うのが嫌になってしまいます。
しかし、くまが消えてからは出かける時にいちいち躊躇することもなくなりました。
くまがあった時は、メガネをかけて目の周りを隠していました。
いつも目の下を気にしていると、それがストレスになってしまいます。
今ではそれがほとんどなくなったので、本当に気分も楽になりました。
最近はくまよりも加齢による目の下のシワが気になります。
これもひどくならないようにこまめにマッサージや保湿を行い、目の下のくまの時のようなことにならないように気を付けたいと思います。

 


【注目記事】
目元対策注目No1.アイキララについて
私、管理人が注目をしているアイキララ。
根本から考え方を変え、考えさせられました。目元の皮膚痩せにスポットを当てたアイキララの魅力を紹介しています。


トップページ クマの原因と種類 青クマの対策 茶クマの対策 黒クマの対策