目の下のクマの取り方!目元のくまを治す方法強すぎるケアは厳禁

目の下のクマの取り方!目元のくまを治す方法強すぎるケアは厳禁

 

目の下のクマの取り方

性別:女性
年齢:28歳
職業:塾講師
私の工夫は・・・

 

ひどい目元のくまに唖然…

 

二十代に入って、仕事を始めた私。仕事量が増えるに従って、残業や徹夜などが増えてきました。仕事にはやりがいがあったのですが、困ったのが肌の不調だったんです。
にきびができる、化粧乗りが悪くなる、くすみがひどい、などなど。悩みは尽きませんでしたが、もっとも衝撃を受けたのが目元のくまでした。
職場で洗面室の鏡をふと見たら、そこにはひどい目のくまですっかり老け込んだ自分の顔があったのです。自分の顔でなく、他人の顔を見ているような感覚でした。

 

 

こすりすぎない、温めケア

 

こすりすぎない、温めケア

目元の皮膚が弱いことは、多くの方が知っていることかもしれません。
ですが、肌はこすりすぎるとくすみやシミの原因になるのに、目元にクリームをゴシゴシ擦り込んだり、洗顔の際に強く洗ったりする方がまだまだいらっしゃるようです。
はっきり言います、特に目元は、絶対にこすらないでください。
くまの原因はいくつかあり、それぞれ対策法が異なるのですが、顔のくすみやくまは、日ごろの生活でうっかりやってしまいがちな摩擦が原因になっていることがとても多いんです。
こするのをやめると、だんだん色素沈着が薄くなっていく場合もあります。
また、くまを作る要因として、血流不足があります。
顔の血行が悪くなると、必然的に目元の血流も悪くなり、目元のくまが目立つようになってしまいます。
お湯につけてしぼったタオルなどを使って、目の周辺をしっかり温めるようにしてください。
目の疲れも取れ、一石二鳥です。
市販の商品にも、目の周りを温めてくれるアイマスクがありますから、そういったものを利用するのも一つの手ですね。
ちなみに、私は水で濡らしてしぼったタオルをレンジでチンして簡単に蒸しタオルを準備しています。

 

 

疲れてる?と聞かれないために

 

仕事をしていて、自分では元気なつもりなのに「疲れてる?大丈夫??」と同僚から心配されてしまうことの多かった私ですが、こすらないケアと目元の温めを毎日実行したところ、だいぶ目の印象が明るくなってきました。
目元のくまがひどかったころは、自分の顔に全く自信が持てなくなっていたので、そういう質問をされるとさらに落ち込んだりしていました。
くまがあると年齢的にも老けて見られてしまうことがあるので、健康だけでなく美容の面においても、目元のくま対策はしっかり行ったほうが良いと思います。

 


【注目記事】
目元対策注目No1.アイキララについて
私、管理人が注目をしているアイキララ。
根本から考え方を変え、考えさせられました。目元の皮膚痩せにスポットを当てたアイキララの魅力を紹介しています。


トップページ クマの原因と種類 青クマの対策 茶クマの対策 黒クマの対策