目の下のクマの取り方や目元のくまを治す方法を聞いた工夫集

目の下のクマの取り方や目元のくまを治す方法を様々な人に聞いてみました。
あなたの目元のクマとどう付き合っていますか?工夫集

目の下のクマの取り方や目元のくまを治す方法を聞いた工夫集記事一覧

性別:女性年齢:33歳職業:ライター私の工夫は・・・美容院の鏡でびっくり30歳すぎても目立ったシミやシワもなく、ニキビや肌荒れとも無縁だった私は、目の下のクマなんてものにすらまだまだ無縁だと信じて疑いませんでした。「目の下のクマなんて出来る人とできない人がいるんだわ...」そんな風に体質の問題なんだとばかり思っていました。大きな肌トラブルにも見舞われない私はその肌の状況に甘えて、ケアも適当に、それ...

性別:女性年齢:31歳職業:主婦私の工夫は・・・育児に追われて第一子を出産後、夜中の授乳が頻繁で寝不足続きな毎日。息子は1歳半まで授乳をしていたのでその間は満足に眠れることはありませんでした。ヨチヨチ歩き出し、あちこち触りたがる時期は息子の育児のことでいっぱいであまり自分のことを考えることはなかったのですが、2歳の誕生日を迎え少し余裕が出てきた頃家族でお出かけをして撮っていただいた誕生日の記念撮影...

性別:女性年齢:39歳職業:翻訳業私の工夫は・・・疲れてる?、と聞かれ続け会社で作業の合間にお手洗いに行くと、必ず見る鏡。自分でも、何だか覇気がない顔だなとは思っていたものの、他のスタッフから、『今日疲れてる?』『寝不足?』と毎日聞かれるようにやりました。昨日も飲みに行ったの?とか、悩みがあるの?なんて聞かれることもしばしばありました。いつの間にか、くまができているイメージが定着してしまい、年齢よ...

>性別;女性年齢;47歳職業;専業主婦私の工夫は・・・彫りの深さではなく青クマでしたもともと私は彫り深い顔立ちなので、目頭と鼻の付け根の青クマを、彫りの深さからくる影だとばかり思っていました。ですが、ある日、たまたま乗ったエレベーターの備え付けの鏡にうつった自分の顔を見て、それが青クマだと気が付きました。家の蛍光灯と違って、かなり明るい蛍光灯の下ですと、クマがはっきりとわかりました。目頭が一番濃く...

性別:女性年齢:40歳職業:専業主婦私の工夫は・・・子供時代からずっと物心ついたころから、私の目元には、くっきりとした濃いくまが…。さすがに幼稚園時代の写真には、くまはありません。でも小学生のころの写真には、もうはっきりとしたくまが映っています。いろんな人から指摘され続けてきて、自分でもずっと気にしています。子供のころから、血行が悪く、手足の冷えに悩んでいました。そして睡眠時間も、ほかの人に比べる...

性別:女性年齢:30歳職業:パート私の工夫は・・・友人や彼氏に寝てないの?と言われて傷ついたもともと肌が白く、すぐに赤面がばれたり体調が悪い時など顔色が悪いと周りに分かる様で嫌でした。目の下のくまも子供の頃から気になっていました。特に何をした記憶もなかったのですが、初めは青白いくまが、成長するにつれて茶色いクマに…。それでもそれ程自分では気にしていませんでした。小学生の頃、友人と話していると目の下...

性別:女性年齢:29職業:営業職私の工夫は・・・育児や仕事、家事に追われ気付けば顔がゾンビ化つい先日3人目を出産いたしました。日々バタバタと過ごす中スキンケアや身なりなどは後回し、まだまだ手のかかる3人育児に疲労困憊で過ごしておりました。そんなある日上の子の保育園のイベントがあり屋外で一緒に撮った写真が園で販売のため飾られていました。それを見た瞬間絶句してしまいました。上からはサンサンと太陽が照り...

性別:女性年齢:20歳職業:歯科助手私の工夫は・・・化粧でもうっすら見えるくまと親からの指摘を受けて鏡の前で化粧をしているときくまがひどいことに気付きました。コンシーラーを使い隠そうと塗りたくりました。しかしうっすら見えていて一気に老け顔になってしまいました。親にもクマがひどいよ、毎日ちゃんと早く寝なさいと言われ改めてくまのひどさに気づきショックを受けたからです。パックとマッサージでお手入れ携帯で...

性別:女性年齢:33歳職業:主婦私の工夫は・・・写真を撮ったときに黒々と元々皮膚が薄くクマが目立ちやすかったのですが、肌の綺麗な友人とアップで写真を撮ったときに、まるで目が2倍に見えるほど真っ黒なクマに驚きました。なかなか指摘を受けることもなく、そのときの衝撃から自信をなくし始めました。クマに効くマッサージを徹底的に実施最初はネットで調べたり美容関係の仕事をする友人にいろいろ聞きました。しかし、気...

性別:女性年齢:38歳職業:高校教師私の工夫は・・・寝不足なの?と聞かれて…高校教師をしております。毎日の授業準備に生徒対応、保護者対応、成績処理…と仕事は日々エンドレス状態。朝早くに出勤し、すきま時間に自分の仕事を終えようとしても何かと仕事が横から入ってきて、結局残業して仕上げる状態です。PCと日々にらめっこしているので目は充血し、おまけに寝不足のため目の下のくまが取れません。クラスの女子がそん...

性別 女性年齢 25歳職業 フリーランス私の工夫は・・・メイクをしてもクマが消えずいつも色のついた化粧下地とファンデーションとプレストパウダーの三段階の厚めの化粧をしています。化粧下地もプレストパウダーもベージュの色です。20代になってからメイク後に鏡を見たら真っ黒なクマが消えなくなっていてびっくりしてクマが気になりだしました。その後も毎日メイクをしっかりしましたが、目元のクマが消えることがなく日...

性別:女性年齢:42歳職業:主婦私の工夫は・・・アイメイクが決まらない私は海外在住ですが、私の住んでいる国のしっかりとメイクをする女性たちにとっては、目元のメイクは必須です。目元はその人の意思を象徴するエリア。なのでアイメイクが決まらないと、どうしてもぼんやりとした印象になってしまうのとともに、顔全体のメイクが決まりません。若い頃の私は、なぜか適度にクマがあることで、彫りの深さが演出されてプラスの...

性別:女性年齢:49歳職業:フリーライター私の工夫は・・・毎晩の夜更かしが原因で数年前に、毎日午前2時に寝て、午前10時に起きるという生活を約1年送っていました。最初は少し目の下にくまができる程度だったのですが、徐々に症状がひどくなっていきました。目の下のくまだけではなく、目の下のたるみもかなり多くなり、自分でを違和感がありました。寝る時間は遅いですが、毎日8時間の睡眠を摂っていたので、最初は睡眠...

性別:女性年齢:28歳職業:塾講師私の工夫は・・・ひどい目元のくまに唖然…二十代に入って、仕事を始めた私。仕事量が増えるに従って、残業や徹夜などが増えてきました。仕事にはやりがいがあったのですが、困ったのが肌の不調だったんです。にきびができる、化粧乗りが悪くなる、くすみがひどい、などなど。悩みは尽きませんでしたが、もっとも衝撃を受けたのが目元のくまでした。職場で洗面室の鏡をふと見たら、そこにはひど...

性別 女性年齢 46歳職業 専業主婦私の工夫は・・・息子の学校の先生に疲れが抜けませんねと言われて息子が野球をやっているのですが、連日大会があり集合時間が早く、体力的にもしんどいと思っていたのですが集合時先生がふと、私の顔を見て「疲れが抜けていないようですね」と言ってきました。たしかに疲れているものの、お顔の手入れは抜かりなく、きちんとやっていたつもりなのになぜ?そんなことを言われなくちゃいけない...